【ショートカットキー】(初心者向け)ファイル操作①4つ

ファイル操作①

ショートカットキーをちゃちゃっと使える人はかっこいいですよね!

実は覚えるショートカットキーはそれほど多くありません。
くまだけどショートカットキーを覚えたいな。

ではよく使うショートカットを使い方と合わせて説明していきますね。
※こちらの記事は「人」を対象としたものです。 今回はファイル操作でよく使うショートカットキーを紹介します。
 今回のショートカットキーはこれ!

Win+E ~マイコンピューターを開く~

ウィンドウズ+E

まずは「エクスプローラー」を開くショートカットキーです。

今まで

クリックして開く
今まではディスクトップにある何かしらのファイルをダブルクリックして開いたり。
クイック起動ツールバー
クイック起動ツールバーから開いたりが多いですよね。

これから

Win+Eでスパッと「エクスプローラー」を開くことができます。

Alt+←→ ~戻る・進む~

アルトキー+矢印キー

前の画面にもどったり、進んだりするショートカットです。

今まで

戻る・進む
左上のボタンを使って戻ったり進んだりしていたのでは?

これから

戻る・進む(ショートカット版)
Altを押したまま矢印キーで移動していきましょう。

Ctrl+W ~ウィンドウを閉じる~

コントロールキー+W

開いているフォルダを閉じるときに使うショートカットです。

今まで

右上のX印をクリックして閉じていたのでは?

これから

パッと消してしまいましょう!

Ctrl+Shift+N ~新しいフォルダ作成~

(キーボード)新規フォルダ作成

意外とよく使うショートカットです!

今まで

右クリック新規作成フォルダから新しいフォルダを作成していたのでは?

これから

Ctrl+Shift+Nでスパンと新しいフォルダを作ってしまいましょう!

まとめ

今回紹介したショートカットキー。
Win + E 「エクスプローラー」を開く
Alt + 戻る・進む
Ctrl + W ウィンドウを閉じる
Ctrl + Shift + N 新しいフォルダを作る

よく使う機能をショートカットで覚えてしまいましょう!
確かによく使う操作をショートカットできるかも!