【買ってみたレビュー】ロジクールのトラックボールSW-M570

SW-M570

MENくん
ロジクールで人気のトラックボールって何があるの?
くま1号
4,000円くらいのお手軽なトラックボールが人気みたいだよ
MENくん
どんなのなんだろう、、、とりあえず買ってみる!
くま1号
買ってみてわかったことを教えてね♪(しれっ)

買ってみたトラックボール

ロジクールマウス-sw-m570


この記事ではロジクールのトラックボール(SW-M570)を買ってみてわかった次のことを紹介します。

SW-M570のこんなことがわかったよ
  • 実際に見た色の感じ
  • 表面の質感
  • ボタンのクリック音
  • スクロールホイールのコロコロ感
  • 電池の入れるところ
MENくん
買ってみないとわからない。そんな部分を写真で紹介します!

ロジクールのSW-M570を色々な角度から見てみる

SW-M570をただただ眺めてみます。

SW-M570(前側)
SW-M570(後ろ側)
SW-M570(右側)
SW-M570(左側)
SW-M570(上側)
SW-M570(裏側)

色々な角度からジロジロ見てわかったのが

ロジクールのトラックボールSW-M570は本当にかっこいい!

どの角度から見ても(裏面以外)シュッとなっていてスタイリッシュ。

このデザインだからこそ、トラックボールの中でも人気があるんですね。

このカッコよさでこのお値段はかなりすごいですね!

MENくん
写真を撮っても絵になるスタイリッシュなデザイン!

夏だし髪を斬りに行こう!

夏だしどっか行こう!

ロジクールのSW-M570の色や質感

SW-M570(色や質感)
実際に見てみると色は思ったよりもグレーです。質感はサラサラしています。指でこするとシュッシュッと音がします

表面のプラスチックは爪で叩くとカツカツと高い音がします。

本体自体も軽いので、表面は薄い仕様かもしれませんね。

ちょっとだけチープな感じがします。

MENくん
ただ、お値段からするとしっかりとした作りです!

ロジクールのSW-M570のボールの回し心地

トラックボールアップ
親指1本で操作するには、ちょうどいいサイズです。普通にコロコロしているときはいいのですが、勢いよく回すとサーっという音がします。

ボールが小さめなので、2画面で使用するときはボールを結構コロコロしないといけません。

回し心地は3.5(5段階評価)です。使い続けてみて再評価します。

どうしても他のトラックボールと比べるとちょっと回したときの引っかかりがあります。

これは使い続けたらなおる部分かもしれません。

使ってみた結果
マウスの回し心地は使い続けるうちに、かなり慣れてきました。引っかかりもなくなったので回し心地は4(5段階評価)に修正です。

ロジクールのSW-M570のボタンの押し心地

右・左ボタン

SW-M570(前側ボタン)
よく使う右と左のボタン。こちらは思った以上にカチカチいいます。

戻る・進むボタン

SW-M570(戻る・進むボタン)
ここは全然カチカチ言わないです。とっても押しやすい。
MENくん
ボタンの押し心地は地味に重要ですよね

ロジクールのSW-M570のスクロールホイール

SW-M570(スクロールホイール)
こちらはかなりゴロゴロ感がありますね。回すと結構大きい音がします。このゴロゴロ感が好きかどうかは人それぞれかもです。
MENくん
コロコロしている感が欲しい人にはいいかもです

ロジクールのSW-M570の電源部分はここ

SW-M570(電源ON OFF)
裏面にあります。個人的にはもうちょっと押しやすい場所にあると嬉しいです。
MENくん
ぼく、電源を切り忘れちゃうこと多いんだよね
くま1号
ちゃんと電源OFFにしないとね

ロジクールのSW-M570の電池を入れる場所

裏側に入れる場所があります。電池は最初っから入っていました。電池の上の部分にはレシーバーを入れて持ち運びのときに便利です。

ロジクールのSW-M570の無くしてしまいがちなアイツ

ワイヤレスのマウスで多いのが、レシーバーの紛失ですよね。

ロジクールのSW-M570には、レシーバーを紛失しないためのレシーバーポケットがあります

これがレシーバー

SW-M570(レシーバー)

ここがレシーバーポケット

レシーバーポケット

持ち運びの時はここにレシーバーを入れておけば紛失することはないですね。

MENくん
紛失がちな人にとっては嬉しい!

ロジクールのSW-M570とその上位機種

SW-M570はお手頃な価格で、トラックボールを初めて買う人にとてもおすすめな機種です。

ロジクールでは、AW-M570よりも高価なトラックボールのマウスがあります。

SW-M570

SW-M570

MX ERGO

MX-ERGO

上位機種(MX ERGO)もトラックボールとしてとても完成度が高く、スタイリッシュですね。

機能面も使いやすさなどが向上しています。

その分、価格のほうがSW-M570と比べて2倍近くします。

MENくん
ひぇ!気軽に手をだせないかも、、、

まずはお手頃なSW-M570でトラックボールを体験してみるのがいいでしょう

ロジクールのSW-M570の基本情報

ざっと見てみましょう。

SW-M570の基本情報
本体サイズ145(長さ)×45(幅)×95(高さ)mm
本体重量142g
センサー方式レーザー
タイスピード性能最大20インチ/秒
総ボタン数5
スクロールホイールあり
使用電池単3形乾電池×1個
電池寿命約18ヶ月
操作距離最大10m
無線方式アドバンス2.4Ghz
接続I/FUSB
解像度(カウント)
SW-M570の解像度は540dpiです。解像度はトラックボールを1インチ移動した際、パソコン上のポインターがどれくらい移動するかを表しています。ゲーマー向けのマウスだと10000dpiを超えるものもあります。この数値が高いとちょっとの移動で大きくポインターを移動できます。

ロジクールのSW-M570とSW-M570tとの違い

この記事で紹介しているSW-M570にはそっくりなSW-M570tというものがあります。

こっちがSW-M570

sw-m570

こっちがSW-M570t

sw-m570t

MENくん
いやいや同じ商品やろ!!

型番と保証年数が違うだけみたいですね。

tがついている方が700円位高いです。

SW-M570SW-M570t
保証年数1年保証年数3年
SW-M570よりも700円くらい高い
ロジクール
¥5,111 (2019/08/23 07:25:38時点 Amazon調べ-詳細)

ロジクールのSW-M570の口コミ

実際に使っている人の口コミを見てみましょう。

仕事で使用しています。
腱鞘炎なのか腕〜手が痛かったのですが、こちらのマウスに変えてから痛みがありません。
この手のマウスは初めての使用でしたが、短時間で操作に慣れました。

出展:Amazon カスタマーレビューより

机には、握りこぶし分のスペースさえあれば作業ができます。手は添えるだけ、使う筋肉は親指周りだけ。操作性、メンテナンスのしやすさ、電池もちなど、コスパに優れた逸品です。仕事用、プライベート用、出先用と、かれこれ2年近くは3つ所有しています。

出展:Amazon カスタマーレビューより

3~4年程使用していますが、通常のマウスには戻れない操作感です。電池の持ちも良いです。
欠点はボールの下に埃が良く溜まることです。操作感が悪くなるので、定期的に清掃が必要です。

出展:価格.com レビューより

MENくん
なんとなくコスパが良いってことがわかるね!

ロジクールのSW-M570を使う注意点

SW-M570を使う際にはここを気をつけましょう。

  • 操作には慣れが必要

 

これだけですね!(これはトラックボール全般)

トラックボールでの操作は、普通のマウスとは感覚がかなり違います。

ただし、毎日使うマウスだから慣れるのは速いと思います。

そして、トラックボールに慣れ始めたら普通のマウスには戻れないと覚悟しておいてください!

MENくん
だって快適なんだもん
くま1号
手を動かさなくていいから、疲れにくいよね
他におすすめなトラックボール
おすすめのエレコムトラックボールマウス【商品レビュー】おすすめのトラックボールマウス(elecom製)はM-HT1URBK!

まとめ:ロジクールのSW-M570を買ってみた

4,000円くらいで買えるのを考えると、すごくいいトラックボールです。

SW-M570はトラックボールが気になっている人や、買いたいけどどれにしたら良いのか悩んでいる方向けの入門トラックボールですね。

MENくん
ぼくはノートパソコン用のトラックボールとして使っていこうかと思います