アイキャッチ画像に商品写真をキレイになじませる方法

アイキャッチ画像と商品画像

商品レビューの記事を書きたいんだけど、商品が目立つアイキャッチ画像がうまくできない、、、
商品の写真切り抜いてドンッ!しろや

よし!ぼくのサイトに合うように写真をドンッてしてみる!

こんな感じでドンしてみた

Before
おすすめのエレコムトラックボールマウス
After
SW-M570

かなり商品が目立つから、ぼくは大満足!

こんな部分を意識して作ってみました。
  • パッと見で商品が目立つように
  • 余計なものを入れない
  • SANGOになじむように

使ったもの・ソフト
  1. カメラ(スマホでも可)
  2. 撮影用のボックス(無くても可)
  3. lightroom(写真補正用:無くても可)
  4. photoshop(写真調整用:必須)
  5. illustrator(文字や背景と組み合わせる:必須)

アイキャッチ画像に使う写真を撮影する

実際に買ったものや使っているものだったら、自分で撮影したほうがオリジナル感がでますね。 ぼくは後で背景だけを削除したかったので、撮影用のボックスも使いました。

撮影ボックスの準備

撮影ボックス-1
5,000円以下で買えるお手頃な撮影ボックスです。折りたたんで持ち運びができるところが気に入っています。サイズは40×40×40cm。
この撮影ボックスのいいところは
  • LEDがボックスに付いている
  • 真上から撮影できる
  • 折り畳める
の3つです。

LEDで簡単照明

撮影ボックス-2
上面にLEDがくっついているので、別に照明を準備しなくてすみます。素人のぼくには助かります。

真上からの撮影が簡単

撮影ボックス-3
上面の中央部分を取り外せます。商品レビューの画像は真上から撮影することが多いので、かなりいいです。

折りたたんで収納できる

撮影ボックス-5
折りたたむと思った以上にぺちゃんこになります。

撮影ボックス-6
専用の袋に入れれば持ち運びもとっても簡単です。他にも背景用の黒・青・赤色も用意されています。

さっと取り出せてスッと使えるので重宝してます!

使ったカメラ

スマホでもキレイに取れます。 絶対にカメラじゃないとダメ!というわけではありません。 ぼくはこの後にlightroomを使いたかったので「RAW画像」で撮影できるカメラを使いました。
撮影カメラ
4Kで、しかもRAW画像で撮影できるお手頃なカメラです。ズームも光学30倍なのでめちゃくちゃキレイです。
パナソニック(Panasonic)
¥29,800 (2019/02/22 18:50:32時点 Amazon調べ-詳細)

撮影した写真

撮影した写真がこちら

撮影した写真 周りが白なので商品部分だけを切り取りやすく撮影できました。 ただ、これだと画像がくすんでいますよね。そこでソフトを使って補正していきます。

ここからが、ソフトの出番だね

lightroomで商品画像の明るさなどを補正

lightroom
今回ぼくはRAW画像で撮影したのでlightroomで補正していきます。
lightroomでやったこと
  • トリミング(正方形)
  • ホワイトバランス選択
  • 露光量アップ
  • コントラストちょいアップ
  • ハイライトMAX
  • 明瞭度とかの微調整

補正した後の写真がこちら

SW-M570(上側) 撮影したばかりの画像よりもキリッとした写真になります。(まだ背景は白色です)

これならキレイに背景を除去できそうだ

photoshopで写真の背景を透明に

photoshop
フォトショで背景を透明にして、ついでにサイズ調整もしていきます。
photoshopでやったこと
  • 背景からレイヤーに変更
  • クイック選択ツールで背景の白部分を選択
  • 選択とマスクで切り取り部分をなめらかに
  • Deleteキーで背景を削除(透明度100%)
  • Web用に保存でPNG、サイズ変更

背景除去した後の写真

背景除去後 背景(白い部分)だけキレイに切り取ることができました。

あとはこいつをイラレでちょめちょめするだけ!

illustratorでアイキャッチ画像に写真を入れる

  • STEP 1
    アイキャッチ画像の背景を作成
    アイキャッチ画像の背景 ぼくは背景はこんな感じで作成しています。青色の線はガイドなので画像を保存するときには表示されません。
  • STEP 2
    商品の写真を配置
    商品の写真を挿入 先程作成した写真を配置します。
  • STEP 3
    画像をトレース
    画像をトレースした結果 画像とレース写真(高精度)拡張でピクセルの写真をベクターに変換します。
  • STEP 4
    写真をいい感じに配置
    写真の場所調整 商品画像が目立つように配置して、文字とか影も追加します。
これならSANGOの雰囲気にもマッチしそうですね。

商品の画像がメインのアイキャッチが完成しました!
これは、完全に自分のサイト用だな