【SANGOカスタマイズしてみた】ボタンをテキストエディタでいじくってみた

テキストエディタでボタンをいじってみた

こんな感じで変更

BEFORE

AFTER

MENくん
これはすべてWordPressのテキストエディタで簡単に設定できちゃいます!

カスタマイズは自己責任でやろう

自己責任の意味がわからない方初めてカスタマイズする方は、必ずこちらの記事を読んでくださいね。

カスタマイズは自己責任。ぼくはこんな風に思っています。

カスタマイズするための
準備

目次へ戻る

テキストエディタ画面にします

手順
WordPress投稿記事を選択ボタン作成テキストエディタ表示に切り替え

ボタン作成は文字にリンクを付けてスタイルボタン浮き出し(メインカラー)を使用しました。

テキストエディタに切り替えるにはこちらをクリックしてください。
テキストエディタの切り替え
MENくん
テキストエディタ画面では、ビジュアルエディタと違って文字ばかりになるからびっくりするね!

テキストエディタ画面のボタンのコード

テキストエディタでボタンはこんな風に表示されます。

例(ビジュアルエディタのとき) EXAMPLE リンク先:https://for-men.jp/

テキストエディタでは

3つの色に分けて説明していきますね。

 <a></a> 
aタグといいます。こちらはリンクを設定するときに使うやつです。今回は文字(EXAMPLE)をaタグで囲むことでリンクにしているのがわかりますね。

 class=”~” 
classはこのaタグの装飾(見栄え)を決めています。服みたいなイメージです。このaタグにどんな服(class)を着せるのかを決めています。

classは何個でも選ぶことができます。その際は半角スペースをいれます。
クラス名

クラスが4つ書いてるのがわかりますね。これはもともとSANGOに設定してあるクラスです。

それぞれ、btn(ボタンの装飾)、raised(浮き上がる装飾)、main-bc(背景色がメインカラーの装飾)、strong(太文字の装飾)です。

 href=”~”
これはリンク先の設定です。「~」の部分がリンク先になっています。

MENくん
ははは、これで呪文のようには見えないだろう♪

ボタンのカスタマイズコードを記入する

テキストエディタ画面でコードを入力していきます。

入力する場所は
記入するのはこんな感じ

この style=”〇〇”の「〇〇」に色々なコードを入れることで、簡単にボタンをカスタマイズできます。

注意
style=”〇〇”の前には必ず半角スペースを入れてください
メモ
ボタンは中央揃えになるように[ center ][ /center ]で囲んであります。※全角スペースは消してください。

横幅が長いボタンのコード

MENくん
横幅をMAXにして、いらない右側の余白を0にしたよ

縦幅が高いボタンのコード

MENくん
縦幅を44pxにしたよ。ただのheightではなくて、行間のline-heightを指定してあげると文字が真ん中にくるよ

丸ボタンのコード

MENくん
丸いボタンは高さと幅を同じにするよ。内側の余白が邪魔するから0にするといいよ。

色を変えたボタンのコード

MENくん
backgroundは背景色、colorは文字の色だよ!これで好きな色のボタンが簡単にできるね! 色を変えたボタン ←こんな見ているだけで気分が悪くなる色のボタンもすぐにできちゃうよ!
くま3号
配色のセンスがなさすぎるやろ!

うまくできたか
確認

目次へ戻る

確認する際は必ずキャッシュを削除してから見てください

確認方法
「Ctrl」+「F5」(キャッシュ削除)

カスタマイズコードを追加CSS(またはテーマエディタ)に追加して保存したら、カスタマイズがうまく反映されているか、確認しましょう。

Mac bookやスマホではキャッシュ削除の仕方が違うので、詳しくはこちらの記事で確認してください。

カスタマイズはキャッシュ削除をマスターしてからです

くまからのお礼

目次へ戻る

本ブログ(for men)では、ひとりでも多くの方にブログを楽しんで欲しくてカスタマイズ記事を書いています。(決して自己満足ではありません)

もっとカスタマイズしたい人はこちらの記事を見てください。

【圧倒的SANGOカスタマイズまとめ】~ようこそ、沼への入口へ~

まとめ

追加CSSのまとめ
MENくん
いちいちCSSをいじるのがめんどくさい人はこれでOKだね!
くま3号
あんまり長いコードはおすすめしないゾ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。