【マウス】有線・無線・Bluetooth接続の違いをわかりやすく解説

マウスの有線接続・無線接続・Bluetooth接続の違い

マウスの有線・無線・Bluetoothって何が違うんだろう?

パソコンとマウスを接続するのはこの3つの方法だよね
そうそう、何がちがうの?

よっしゃ!わかりやすく解説してやんよ!

パソコンの操作には欠かせないマウス マウスをパソコンに接続する方法は有線・無線・Bluetoothの3つ があります。 「この接続方法じゃないと絶対にダメ」なんて決まりはありません。 ただ こういう人にはこっちの接続方法のほうがオススメ! と思う部分はあります。 いまではマウスと言っても本当にたくさんの種類がありますよね。 どれを使っても最低限は使えますが やっぱり同じくらいの金額なら使用用途にあったマウスの方がいいはずです。 そこで
  • 使用用途にあったマウスをサッと見つける!
そのために、それぞれの接続についてわかりやすく説明していきます。 マウスを今まで何気なく選んでいた人はちょっと意識して見るだけで、マウスがもっと使いやすくなるはず! ちょっとだけ覗いてみてください。

それぞれのポイントを覚えるだけでOKだよ!

マウスの有線接続は安定感と疲れにくさ

有線接続が向いてる人

ディスクトップ作業
ディスクトップパソコンなど持ち運びしない人
ケーブルを気にしない人
ディスクが広くて、ケーブルを気にしない人

「今どき有線って、どうなのよ?」
なんて言う人もいるかもしれませんが、有線接続はちゃんとメリットがあります。
有線接続のメリット
  1. 安定の動作(ケーブルで直接つながっているから)
  2. 軽くて疲れにくい(無線と違い電池が入ってないから)
安定した動作
ケーブルで直接つながっている有線接続は、動作がとても安定しています
PCから電源供給
ケーブルから直接、電源供給をしているので電池がいりません
本体が軽い
電池が入っていないため、無線よりも軽量になります
軽くて疲れにくい
軽くて安定したマウスは、やっぱり疲れにくいです
これだけ聞くと
え?もうこれ有線でよくない?

と思うかもしれませんが
  • ケーブルがじゃま!
  • スタイリッシュじゃない!
この2つのデメリットがあります。
ケーブルが絡まりやすい
ケーブルが絡まったり、狭いディスクではじゃまになります
ケーブルがじゃま
無線のマウスのほうが、スッキリしていてスタイリッシュです
これは意外と致命的な部分なんですよね 持ち運びが多い場合は、有線のケーブルは本当にじゃま!ってなりますし ディスク周りがごちゃごちゃしているように見えます。

ぼくはスタイリッシュな人間でないので有線LOVEです!

マウスの無線接続はスタイリッシュ

無線接続が向いてる人

持ち運びが多い
ノートパソコンなどで持ち運びが多い人
スッキリとした環境
スッキリとした環境で作業したい人

「ぼく、有線しか使ったことない、、、」
なんて人もいるかも知れません。 無線は有線とは違ってケーブルがないことで色々なメリットがあります。
無線接続のメリット
  1. ケーブルが無い開放感
  2. 離れたところでも操作できる
絡まらない
ケーブルが無いことで、持ち運びのときに絡まったりしません
ディスク周りがスッキリ
じゃまなケーブルが無いだけで、ディスク周りがスタイリッシュに
10mくらい無線が届く
最大10mくらい離れたところでも操作ができちゃう
これだけ聞くと
え?もうこれ無線でよくない?

となっちゃいますよね。 ただし、無線接続にもデメリットがあります。
  • 電池が入っているので、ちょい重め
  • 反応が有線よりもちょい悪い
  • 電池がなければ、ただの置物
  • レシーバーが行方不明になりがち
有線よりも重め
電池が入っているので、有線よりも重めです。最近では充電式もあるとか
反応が若干遅め
ケーブルで繋がってないから、有線よりも反応は若干ですが遅めです
電池切れ
いくらマウスの形をしていても、カーソルは動いてくれません
レシーバーがなくなりやすい
パソコンにくっつけるちっちゃいレシーバー(受信機)がどっかに行ってしまうことも
ただ 充電式も出ていますし、反応が遅いと言っても普段使いならそんなに気になりません。 最後の2つは完全にうっかりミスで起きることなので、稀です。

ずぼらなぼくは電池もレシーバーもどっかに行っちゃいます

マウスのBluetooth接続はケーブルもレシーバーもいらない

Bluetoothが向いてる人

USBポートが少ない
USB端子の数が少ないパソコンを使っている人

は?それだけ?
と思うでしょうが、実はノートパソコンは意外とUSB端子が少ないんです!(切実)
Bluetooth接続のメリット
  1. USB端子を使わない
  2. スマホやタブレットでも使えちゃう
レシーバーいらない
パソコン本体にBluetoothレシーバーが内蔵されていることが多いため、USBにレシーバーをくっつける必要がありません
スマホでもタブレットでも使える
スマホやタブレットにもBluetoothレシーバーが入っているので、マウスが使えちゃう
これだけ聞くと
なにこれ、めちゃスタイリッシュ!

と思うかもしれませんが
  • 最初に接続設定が必要
というデメリットがあります。
初期設定あり
Bluetooth接続のために、パソコン側でマウスの設定をしなければいけません。
「そんなの簡単だよ!」という人もいますが、なるべくならサッと使いたいですよね。 簡単とはいってもワンクリックではできません。 パソコンが苦手な人は無理にBluetoothにする必要は無いでしょう。

ばくは初めて買ったBluetoothマウスが2日で壊れたので使ってません(偏見)

まとめ:マウスの有線・無線・Bluetooth接続について

とりあえずこのポイントだけ覚えておきましょう
接続方法のポイント
  1. 有線接続はケーブルを気にしない人
  2. 無線接続はスタイリッシュに決めたい人
  3. Bluetooth接続はUSBポートが少ない人
マウスの接続方法で迷ったら、これだけでOK!

どれにするか決まったかな?
MacBook Proのi7、メモリー16GBだらか、無線にするよ

ハイスペック!!!

コメント( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

avatar