Still not Gutenberg?

グーテンベルクを使い始める前に最初にやること(SANGO編)

みなさんグーテンベルグはお使いですか?

あっ、もしかして今まさにグーテンベルクに切り替えようと思ってます?(ありがとうございます)

そんなタイミングの方に、ぜひやってほしいことがグーテンベルクの環境設定です。

menくん

は?んなことしないで、はよ記事書きたいんだけど

ヨハネス・G

(ブロガーの鏡やな…)まぁ落ち着きなはれ、グーテンベルクは環境設定をすることでグッと書きやすくなるんですよ

グーテンベルクの環境設定をすると
  • エディタ画面を広く使えるようになる
  • 使わない機能をOFFにすることで作業効率が上がる
  • SANGOのグーテンベルクオリジナル機能が使えるようになる

といったメリットがあります。

グーテンベルクの環境設定は5分もかかりません。環境設定をしておくことで記事を書く際にストレスが減るのでおすすめですよ。

環境設定でやること
  1. SANGOのグーテンベルクプラグインをインストール(有効化)
  2. オプションでエディタ画面を整理
  3. ブロックマネージャーで使用しない機能をOFF

環境設定前

環境設定後

くま

おぉ、すっきりして使いやすそうやな

menくん

では、設定の仕方を詳しく説明していきますね

SANGOグーテンベルクプラグインをインストール

SANGO Gutenbergプラグインをインストールしていきます。

ながれ
  1. SANGO公式からプラグインをダウンロード
  2. ダンロードしたプラグインをインストール
  3. 有効化

プラグインを導入済みの方は、次のオプションで環境設定までジャンプしてください。

プラグインをダウンロード

まずは、SANGOの公式サイトからプラグインをダウンロードします。

公式SANGO Gutenbergプラグイン

上のリンクをクリックすると新しいタブでプラグインのダウンロードページが開きます。

SANGO公式ホームページより

「最新版をダウンロード」をクリックすると、どこに保存するのか聞かれますので、見つけやすい場所に保存しておきましょう。

保存場所の選択
保存する場所はどこが良き?

どこでも大丈夫です。Word Pressにアップロードした後は削除しても構いませんので、アップロードする際に見つけやすい場所に保存しておきましょう。(ディスクトップとかならすぐ見つけられますね)

プラグインをインストール・有効化

やったことがある人

zipファイルのプラグインをインストールしたことがある人は、説明をすっ飛ばしてくださいね。なれてる人なら1分もかかりません。

STEP1

Word Pressにログインして「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

STEP2

「プラグインのアップロード」をクリックします。

STEP3

「ファイルを選択」をクリックします。

STEP4

さきほど保存した「sango-theme-gutenberg.zip」をクリック(選択)して、「開く」をクリックします。

STEP5

プラグインのファイルが選択されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

STEP6

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックして、有効化します。

STEP7

プラグインのページに切り替わり、下の画像のような表示になっていればインストール完了です。

menくん

SANGO公式プラグインのインストールはこれで完了です

有効化が完了するとグーテンベルクのエディタ画面も少し変化します。

プラグインを有効化すると

といったようにグーテンベルクが更に使いやすくなります。

見出しやボックスの装飾なども使えるので、詳しくは公式で確認しておきましょう。

公式SANGO Gutenbergプラグインの機能

ヨハネス・G

これだけでもかなり使いやすくなりますね

オプションでエディタ画面を整理

右上にある縦3つの点をクリックすると一番下にでてくる「オプション」でグーテンベルクのエディタ画面を整理していきます。

オプションをクリックすると表示、非表示を設定する事ができます

初期設定

お好み設定

非表示にする部分はお好みで設定しましょう。

ぼくの場合は、毎回使う機能以外は非表示にしています。

menくん

だって、ごちゃごちゃしてうざいんだもん!

オプションで非表示を設定すると

menくん

かなーーりスッキリしたやで

くま

メタやページ属性まで非表示にするのはやりすぎやで…

ブロックマネージャーで機能OFF

オプションと同じように、右上にある縦3つの点をクリックするとでてくる「ブロックマネージャー」でグーテンベルクを整理していきます。

ブロックマネージャーは使用しないブロックを非表示にできます。

menくん

使わないやつは非表示にしておいた方がまじで使いやすくなるよ!

たとえば埋め込みブロックをスッキリ

初期設定

お好み設定

例えば、ぼくは埋め込みブロックをそんなに使わないのに、初期設定では33個もありました。

ブロックマネージャーで普段使用する2つだけに設定したので、埋め込みブロックがすっきりしています。

まとめ

グーテンベルクのエディタは多機能です。

そのため、どこにどの機能があるのか迷子になってしまいがちです。

必要ない機能はOFFにして、記事を書くことに集中できる環境にしましょう。

menくん

なーんてな

ちなみにぼくは更にグーテンベルクのエディタ画面を書きやすいようにカスタマイズしています。

よかったら参考にしてください。

グーテンベルクのエディタ画面 書きやすくしよう① グーテンベルクのエディタ画面 書きやすくしよう② グーテンベルクのエディタ画面 書きやすくしよう③ グーテンベルクのエディタ画面 書きやすくしよう④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です