Still not Gutenberg?

グーテンベルクでデフォルトのブロックがクラシックになってしまう問題とその解決法

昨夜未明、通常だと段落ブロックがデフォルト(初期設定)になっているはずなのに、なぜかクラシックパラグラフボックス(Classic Paragraph)が出てきてしまう事件が発生しました。

https://for-men.jp/Johannes-Gutenberg/wp-content/uploads/2019/08/kumsadeka.png
くま

事件発生!事件発生!

今回の事件で登場するクラシックパラグラフはこちらです。

クラシックパラグラフボックス
https://for-men.jp/Johannes-Gutenberg/wp-content/uploads/2019/08/huki-syun.png
被害者

よっしゃ!新規記事を書いてやんよ!ってグーテン開いたらコイツがおるんですよぉ

びっくりするくらい邪魔。グーテンへの明らかな不法侵入ですね。

https://for-men.jp/Johannes-Gutenberg/wp-content/uploads/2019/08/kumsadeka.png
くま

調査した結果、問題が解決しましたので、報告いたします

ズドンと解決策

原因TinyMCE Advanced(プラグイン)

TinyMCE Advancedの設定画面で以下のチェックをはずすせば解決します。

チェックをはずす部分

ここで、デフォルトのブロックをクラシックパラグラフボックスにする設定がONになっていたようです。

https://for-men.jp/Johannes-Gutenberg/wp-content/uploads/2019/06/huki-kirakira.png
menくん

はい!これで解決だね!

解決策を詳しく説明

今回は、プラグインの設定を変更するだけです。

変更するプラグイン

TinyMCE Advanced

クラシックエディタを使用している人にとっては馴染み深いプラグインですよね。

気いつけて!
TinyMCE Advancedを停止/削除する必要はありません。 設定を変更するだけで解決します。

プラグインの設定画面を開く

設定>TinyMCE Advanced

設定メニューから TinyMCE Advanced の設定画面を開きます。

TinyMCE Advanced の設定画面

こんな画面がでてきますので、ザザザーっと下にスクロールします。

高度なオプションの2個目のチェックを外す

2個目のチェックをはずす

スクロールしていくと高度なオプションと言う設定箇所があるので、そこの2個目のチェックを外してOFFにします。

ちなみにその項目は

Make the Classic Paragraph or Classic block the default block.

(訳)Classic ParagraphまたはClassicブロックをデフォルトブロックにします。

そのままの意味ですねw

忘れずに保存しておわり

変更を保存

一番下に変更を保存ボタンがあるので、忘れずに保存しておわりです。

感想

今回の「クラシックデフォルトブロック事件」は無事解決いたしました。

https://for-men.jp/Johannes-Gutenberg/wp-content/uploads/2019/08/kumsadeka.png
くま

グーテンベルクに平和が訪れました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です